プロジェクトストーリー「肌美人開発ストーリー」

女性発信の第一歩 『肌美人』開発ストーリー
女性だけの商品開発チーム 統括リーダー パーソナルカラーアドバイザー 金川 幸子
女性だけの商品開発チーム女子開(じょしかい)の発足と始動

2011 年、東海光学の会議室の一室で女性 10 名が集い、新たなチームが結成された。通称、「女子開(じょしかい)」。営業、開発、システム、顧客窓口、それぞれの部門から選抜されたメンバーが、新しい “ 女性視点 ” での提案を行うためにアイデアを交わしていた。

近年、消費の多くは女性が牽引している部分が多く、ビジネス界に目を向けても「女性だけのチーム」や「女性のアイデア力」がメディアで取り上げられている。そんな中、一人の女性社員が手を挙げた。営業部で 20 年のキャリアをもつ金川幸子だ。「技術力だけでなく、女性だけのチームで、何か勝負したい」

そんな投げかけに対して、会社はふたつ返事で GO を出した。そして企画から、開発、販売まで全てを女性の手で担う女性だけのチームは立ち上がった。女子開の発起人であり、チームリーダーでもある金川。彼女の話を通して、女性チームが開発した新商品カラーコートレンズ『肌美人』の開発秘話をお届けしたい。

統括リーダー パーソナルカラーアドバイザー 金川 幸子
カラーコーディネーターの先生との出会い、そして一筋の光
統括リーダー パーソナルカラーアドバイザー 金川 幸子

レンズにこだわらず、化粧品、美容器具、サプリメント……と「美と健康」をテーマにさまざまな可能性を模索していた女子開のメンバーは、壮大な夢を見据えながら、まずは得意分野のレンズで成功をおさめる事を目標においた。それぞれ自分たちの通常業務も務めながら、毎週ミーティングをしてアイデアを出し合い、隙をみては工場見学や展示会に出向いて市場調査を行った。そんな時にある展示会で出逢ったのが、カラーコーディネーターの八尾先生だった。「カラーの理論が、開発に活かせるんじゃないか?」女性特有の嗅覚で、カラーの理論の講義を受けることを決め、全員がカラーコーディネーターの資格を取得した。そこからヒントを得たのが「パーソナルカラーの理論を使ったレンズで、お客様の似合う色を提案し、より魅力的に見えるカラーレンズ」というアイデアだった。ターゲットとしたのは、40 代~50 代で子育てが一段落したゆとりある世代。アンチエイジングに興味をもち、より魅力的に見せたいという潜在層。さらに、時期的に次の春のカラー商材として売り出すことで大きく拡販できそうだ、という期限もきられた。

テーマは決まった。「メイクよりも簡単に、見た目年齢を引き下げるカラーレンズ」。あとは、いかに商品化するか。本当の戦いはここからだった。

100枚以上の試作の末、形になった“肌美人”

パーソナルカラー理論をもとに、肌を健康的に見せる暖色系の “ イエロー ” と美しく透明感を出す寒色系の “ ブルー ”、この2色を基軸として展開することが決まったあと、実際の開発がスタート。まず立ちはだかった壁は「欲しい色ができない!」という葛藤だった。色を作る生産部の男性担当者の視点と、妥協を許さない女子開のこだわり。喧々諤々と意見を交わしながら、納得できる色味に近づけていく。さらに、健康面でどうしても譲れなかったのが紫外線やブルーライトのカット。その機能をつけると、せっかくのカラーレンズに補色が発生し透明感が薄れてしまう。そんな試行錯誤を 4 ヵ月ほど繰り返し、ようやく理想のレンズが完成した。

一方、“ 売りまで全て女性の手で ” ということにこだわっていた女子開では、販売促進の企画も並行して行っていた。『肌美人』という名称が決まった時点で、特許の申請や商標登録を行い、どのように売り出すか?というPOPやパンフレット、ポスターイメージの制作に取りかかった。なかでもこだわったのは打ち出し方。手に取るお客様に、眼鏡レンズではなく、化粧品を選ぶようにレンズを選んでもらいたい。さらに、店頭に並べる見本レンズのカラーバーにも彼女たちのこだわりを込めた。フレームを無色透明のスケルトン素材にして、カラーとフレームのトータルコーディネートができるような作りになっているのだ。ここにも、女性ならではの視点が効いた。

女性だけの商品開発チーム
全国への販売スタート。女子開の躍進は続く
肌美人

1 年のテスト販売を経て、ようやく量産化の段階にたどり着いた『肌美人』。その間にも新たな課題にぶつかっていた。『肌美人』は当然、TOKAI のお得意様である眼鏡小売店の販売員さんの手から、ユーザーとなるお客様へ紹介される。その過程では、販売する上でのレンズへの理解が必要となるが、男性の販売員さんへ肌美人の良さを伝えるのが非常に難しかったのだ。特に、女性の顔に似合う “ 色 ” を判断する感覚的な部分がなかなか受け入れられがたかった。そこで女子開チームが取り入れたのが、脳科学のエッセンスだった。科学的な検証に基づいた『肌美人』の魅力アップ効果を理論的に説明することで、感覚的な部分もより説得力を増したのである。さらに、全国のお客様のもとで販売支援セミナーを行ったり、実際に実演販売会などを企画して、直接のユーザー様への販売も積極的に行っていくことにした。

お客様のもとへ足を直接運ぶことで、確かな手応えもあった。

展示会では TOKAI 独自商品として大々的に打ち出し、美と健康をテーマにした他社にはないコンセプトと、コスメ的な販売手法の斬新さに、お客様からいい反応が得られたのだ。売れ行きも、予想通りの上り調子。お客様の喜びの表情に、開発の苦労は一気に吹き飛んだ。

現在、「女子開」は、次なる開発に臨んでいる。今日も会議室の一室で、女性たちが、まだどこにもないアイデアに、花を咲かせている。

関連トピックス:

ページ先頭へ