プロジェクトストーリー「1.76開発チーム」

屈折率世界一への挑戦 1.76開発ストーリー
1.76開発チーム紹介
1.76開発チームのメンバー3人
どんな逆風にも負けない信念と団結力が、屈折率1.76の世界最薄レンズを生み出した

眼鏡レンズにおいて欠かせない要素のひとつが、レンズの屈折率。屈折率が高いほど薄いレンズを実現でき、眼鏡をかけたときの装着感も良くなる。過去20年の間に、屈折率は1.5から1.6、1.7へ…。軽くて薄いレンズを求める消費者のニーズに応えようと、世界中のメーカーが凌ぎを削って高屈折率の製品開発に力を入れていた。

TOKAIが屈折率1.76の開発をスタートしたのは2004年。当時は屈折率1.74が業界の最高水準であり、それを上回ることは不可能に近いと思われていた。しかし、その不可能を可能にしたのが、開発本部の「1.76開発チーム」だ。チーム立ち上げから商品化までの約2年、どのようにして世界一の屈折率1.76レンズは生み出されたのか。開発の裏にはどのような苦労があったのか。素材開発の中核として関わったリーダーの長尾、岡本、小野の3人の話を通して、これまで知られなかった開発の軌跡を紹介したい。

打ち合わせ風景
レンズの命である素材の開発 先の見えない模索が1年以上続いた
インタビュー風景

屈折率1.76のレンズ開発において、最も困難を極めたのがプラスチック素材の開発だった。従来の屈折率をわずか0.02縮めるために、材料の合成から配合の割合まで、すべてを新しく変えなければならない。長尾、岡本、小野を含む若手の素材開発メンバーにとって、1.76の素材開発はまさに未知の領域…。「自分たちの手で、世界一を生み出したい」という思いを会社が応援してくれたのは嬉しかったが、その分のしかかる重圧も大きかった。

開発チームの立ち上げ以降、毎日のように話し合いを重ね、日が暮れるまで素材づくりに没頭した。数種類の基本材料の分量を微妙に調整しながら合成し、さらに添加剤を加えていく。そうして液体原料ができるとすぐさま電気炉で固め、期待と不安を抱えて光学検査に臨んだ。しかし、何度試作を繰り返しても、結果はすべて惨敗。500回、600回と試行錯誤を重ねるうちに、1年以上の月日が過ぎていた。

「1.76なんて、もう無理ですよ…」

徹夜での研究が続き、メンバーは心身ともに限界に達していた。それでもリーダーの長尾は、部下への声かけを絶やさなかった。

「あと少し。今が正念場だから、がんばろう」

投げ出しそうになるたびに互いに励まし合い、目の前の作業に黙々と打ち込んだ。

仲間と手を取り合い、逆境を1つずつ乗り越えていく

「よっしゃ!クリアしたぞ!」

深夜の実験室に歓声が沸き上がった。700回を超える試作の末、ようやく屈折率1.76の素材開発に成功したのだ。

しかし、メンバーに気を休められる余裕はなかった。発売期限まであと数ヶ月。出来上がったレンズを安全に量産できるように、工場での生産体制を整えなければならない。長尾が中心となって生産技術や生産部門のリーダーと調整をはかり、メンバー総出で機械の稼働状況の確認や各工程スタッフへの作業指示に尽力した。

「指示書通りに原料を合成しても、うまくいかないんですけど…」

「リーダー、試作レンズにひずみが生じています!」

生産準備もすべて手探りの状態でスタートしたため、予期せぬトラブルが立て続けに起こった。携帯電話の着信が鳴るたびに現場へ駆けつけ、問題の原因を1つずつ追究していく。改善作業を繰り返すうちに、発売期限は1ヵ月に迫っていた。

「何とか間に合わせて、お客様にお届けしたい!」

開発メンバーの強い思いは生産現場のスタッフの心を動かし、いつしか全員がひとつになって発売に向け汗を流していた。1日1日、緊張感を感じながらの地道な調整作業の末、ついに屈折率1.76レンズをスムーズに生産できる体制が整った。

生産の現場
ユーザーの幸せを願う気持ちが、新たなレンズを生み出す支えになる
ベルーナZX-AS

『世界最薄レンズ、ベルーナZX-AS発売!』

2006年4月、TOKAIは世界一の記録を塗り替え、屈折率1.76レンズを全国にむけて発売した。そのニュースは業界に大きな衝撃を与え、“TOKAI”の名を世界中に広めるきっかけとなった。

2年に渡るプレッシャーに打ち勝ち、偉業を成し遂げた開発メンバーたちは、社内でも大々的に表彰を受けた。社長はもちろん、生産に携わった技術者や、これから新商品として眼鏡店へ提案していく営業社員たちからも祝福の言葉が投げかけられた。拍手のなかで表彰状を受け取る開発メンバーたちの表情は、誇らしげというよりは安堵感でいっぱいだった。

「世界一のために頑張ってきたわけじゃない。お客様に喜んでいただけるレンズを作るのが、僕たちの役目ですから」

そう淡々と話す開発者たちの言葉からは、プロフェッショナルとしての揺るぎない姿勢、そして眼鏡を待ち望むお客様への真摯な思いが感じられた。

商品化から3年以上経った現在、TOKAIが開発した屈折率1.76レンズは世界中のユーザーの視生活を支えている。より多くの人々に快適な視生活を提供するために…。

開発メンバーたちの挑戦はこれからも続いていく。

ページ先頭へ