東海光学では新入社員として入社してから2年間のフォローアップ研修を開催しています。

学歴、年齢も関係なく、同期入社として主にグループディスカッションやグループワークを通し、
マネジメントスキルの基礎を学びます。

講師は社内で選抜された「教育推進委員」が務めます。


フォローアップ研修
研修スケジュール 一覧

3ヵ月後研修

新入社員をグループに分け、会社を設立します。

教育推進委員に対し、電話でのアポイント取り、商談、その後の製造をグループ対抗で行います。

グループ対抗の研修を通じ、社会人としてのマナーを実践形式で学び、リーダーシップ・役割分担・コミュニケーションの必要性・重要性を実感します。

さらに損益計算を学び、日常業務の中で自分たちが何をすれば、利益に結びつく行動になるのか考えます。

半年後研修

新入社員が半年間でどれだけ学び成長したのかを互いに確認するため、職場の上司・先輩の協力を得ながら成果発表を行います。

発表のための準備段階で、改めて自分たちが半年間やってきた仕事の内容を掘り下げて学ぶことで、自分たちがやっている仕事の重要さ、必要性を改めて感じ取り、今後の自分の目標についても発表します。

1年後研修

入社1年経ち、後輩が入ってきます。先輩社員としての立場を自覚し、この1年間に習得したことを後輩社員に正しく教える技術を学び、自信をもって“新入社員”を卒業します。

1年半後研修

入社1年半経ち、自分が担当している仕事がどういう役割を果たしているのか、周りの職場ではどのような目的で仕事をしているのかを再確認します。

具体的には、グループに分かれ、教育推進委員から出題されるメガネレンズのご注文の工程フローを作成します。

東海光学本社工場に潜入調査を行い、各工程のフローや役割を徹底的に調査し図に表します。

そしてチームとして仕事を進める大切さ(コミュニケーションを通して、共に、全力で取り組む)を学んでいただきます。

2年後研修

2年間のフォローアップ研修の最終回です。

入社2年が経ち、上司・先輩社員のリーダーシップの下、成長してきましたが、今後は後輩、部下のみならず、上司、他部門に対しても影響力を発揮することが望まれます。

そこで対人影響力=リーダーシップについての基礎を学び、さらに後輩育成について考えます。

ページ先頭へ